« 27℃ | トップページ | 漢方薬つづき。 »

2008年9月25日 (木)

漢方お試し。

ここ数年一瞬でさえ喉すっきり~てことがないので、
まぁ医者行けよってとこなんですが、行っても変化なかったわけで;
今日なんとなーく、薬局で聞いて買ってきてみたのが、松浦の『麦門冬湯エキス』
同じ麦門冬湯でも3社くらいあったのですが、量も値段も違うので、
間を取って買ってきてみましたが、うーん。
『気管支炎・気管支喘息・痰の切れにくい咳』とあります。
しかしどうして外箱読んで大丈夫だと思っても、中の注意書きみるとこんなにイヤ~な気分になれるんでしょうか^ ^;
どの程度むくみがあっちゃいけないのか、腎臓弱くちゃいけないのか、目蓋重くちゃいけないのか… --
まだ一回目を飲んでみたばかりなのですが、所謂説明書の類は外箱にお願いしたいよね。
一応薬剤師さんに奨められたんですけどね。

にしてもですね、このマツウラの漢方薬の箱なんですが、上にセロハンテープがぴっと一箇所止めてあって、箱正面の真ん中よりちょっと上辺りに、ポッキーの箱みたいにぴぴぴ、と捲れる部分があって、一文字に開くわけです。
開くんですが、開ける時にどうも引っかかったようで、見事に背の部分が切れまして、
非常に蓋をしづらい状況に陥ってます。
ちょっと下過ぎるんじゃないでしょうか、開ける位置が。
故にきっちり入っちゃってる包装に引っかかる、と。
余りの鬱陶しさに外しちゃいましたが、そうでなくても、ぴぴぴ、と一文字に開けた時点で蓋として意味を成さなくないですか…;
まぁいいんですけど、いいんですけど。

しかし今ちょっと眠いんですが、それは関係ないかなぁーー どうなの。
たまに緩い薬でも飲むとやけに眠いです。

|

« 27℃ | トップページ | 漢方薬つづき。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 27℃ | トップページ | 漢方薬つづき。 »