« つらつらと。 | トップページ | 花華。 »

2009年5月31日 (日)

試行錯誤で。

Tonbodama135
随分と居直り的なのですが、ソーダとクリアがまざってしまうのを利用した地味玉を巻いてみました。混ぜ具合で随分色の印象が違います。
焼いてる間はまた全然違って見えてました、熔けてる間はくっきりマーブル。
地味とか言いながら、暗い色になるのを見越して雲母を入れてみたのですが、あんまり目立たないかなぁ…
パーツの端っことか、失敗パーツとか、あっさり捨ててしまうには随分な量だと思い、棒に引き直しして使ってます。
色的には、これはこれでアリだと思うのですが、強度的なとこはどうなのでしょうか?問題ないように思ってるのですが。しばらく自分で持っててみるしかないですね。

あ…ツイスト棒巻く時に、見えなくなってしまう地玉の色に迷うのです。
多少見えてもいい色?でもきっちり巻けるようにならないとどうしようもないしorz
どれが一番使わないかなぁって思ってみても決まらないのですがーー;
不透明なツイスト巻きの時に使えばいいのかも?
たまにマーブル具合がとてもとても気に入るのでそこら辺惜しいと言えば惜しいですが。

Tonbodama136
ピンクと水色マーブル…山吹色も混ざってるのですが、母にいたく不評…何故…orz
ちなみに、先日間違ってkinariを一本佐竹に混ぜちゃってたのには気付いたのですが、今回一本、佐竹をkinariに混ぜてましたーー;
知人が来ていたので一回やってみーvvとまずやってみせたのが右はし…kinariのソーダ同士のつもりで、佐竹の鉛にkinariのソーダですーー; まぁこのくらいは割れない範囲だと思うのですが、色がやっぱり黒い…透明の茶色を乗っけたのでしたーー;
お持ち帰りさせた物は佐竹のクリアに、kinariのCロッドピンク…わ、割れないといいなッ

形的には最近は棗を意識してるのですが、どうしてもパーツのせてくと歪みます。とほほ。
そうでなくても芯に対して接地面積に偏りがでがちなのに。
でもこういうのってやっぱり自分で慣れるしかないんだもんなぁ><。型があるわけじゃあるまいし。

そうそう、型と言えば、プラグレンチが使えないかなと前から思ってはいたのですが、なかなか思ったサイズが売ってなかったのをようやく見つけました。ダイソーで。
1個だけ欲しかったのですが、4つで100円。
Plugwrench
浅いかなーとか、変に細かいかなーとか思ってはいるのですが。
失敗でもいっかー、と買ってきてはみたものの、本当にあんまり上手い事突っ込めません…とほほ、下に抜けると厄介だしなぁ><。
今のトコべったりくっ付いちゃうこともないのですが、まだまだしっかり痕つけることはできないです。

で、自分でも忘れてましたがーー;
それより前に用意してみていたものがこちら。
Dougu2_3
100均一のコンコルド(2本売り)と、カクテル用の計量カップ(?)
サイズが微妙に大きかったので、中で外れてしまった引っかき棒の輪っかを噛ませてあります。
ここに熔けたガラスを突っ込むと凹凸がつくので、そこに別の色硝子を熔かしてのせる~と。なんとか等間隔に色のっけることが出来ましたv
コンコルドは割りとグリップが強いのですが、最初にちゃんと等間隔にセットできさえすれば使っていけそうです。
のっけて焼いたら細い大の字になってしまったようでしたがーー;パーツの長さやら突き具合やら色々イメージ変わってくるものなので、そこら辺の把握がまだまだまだまだー><。
Tonbodama138
ピンクと左隅の小さい青と白のは上のコンコルドで形つけたものです。もっと中央白っぽくていいかもですが、こんな朝顔もあるよね確か。

|

« つらつらと。 | トップページ | 花華。 »

トンボ玉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つらつらと。 | トップページ | 花華。 »