« やっとこどっこいしょ。 | トップページ | つらつらと。 »

2009年7月14日 (火)

16回目。

本日はとんぼ玉教室の日でした。
今日も俵型~と思っていたら、その前に簡単なパーツ引き、でした。
次回俵に埋めるということで。
簡単と言っても、自主練していてさえバランスがなかなか取れないのが実情ですがーー;
所謂花芯の無いお花パーツで、色硝子に白線を引いて伸ばすのです。
Tonbodama234
断面左端、側面最下がセンセの見本。
久々ビデオ撮ってきたので後で再確認しようと思うのですが、一応直径3-4ミリを目指して引いてます。大体全部30センチ前後。
白線は8本、故に、一本引いたら対角線上に、更にその真ん中に、次いでその真ん中に、てことは解ってるわけですよ、なのにこれが難しいorz
Tonbodama233
向かって右端、玉作ったとこでセンセがパーツを入れる手本を見せてくれたもの。
パーツ作ったのは自分なので、ラインの入り方が偏ってますーー;
いっそ7本にしておけばよかったじゃないの、って思ってるけどしょうがないよ引いちゃったものは><。

手本見た後にすぐ引いた物が上手く引けて、よし、余裕! と思った次からなんかもうバランス取れなくてですねーー;
2本目で失敗したら後は全部ズレルわけでorz
取り敢えず次回までにまた練習を重ねようと思います。
にしても毎回思うけれども、本見て解ってるつもりのとこでも、実際見ると一手間二手間加わって更に丁寧にやってることが解る。
1人でやってると気付かないんだから不思議;

他の人達は花芯のある点打ちの水中花を作っていた模様です。横並びなので見てなくて解んないですがーー;
ちらと隣の人のパーツが見えたけれども、円錐ではなく円柱でした。
円柱を突っ込むのか…やっかいだな;
お隣さんがボールロッドが外れてしまうらしくて苦戦してたっけ。
ピンバイスとかあった方がいいのかも?
自分が習うとしたら4ヵ月後ですかねぇ。
後やるのが解ってる課題が、点打ち5弁花の泡玉と、戦国玉と、二重の花びらの水中花と、屑ガラスレース引きと、そのレース巻きと、みかん玉と、普通のツイスト棒と、その巻きと、銀練棒… …あとはなんだろうねぇ…テキストとかあればいいのにー。

|

« やっとこどっこいしょ。 | トップページ | つらつらと。 »

トンボ玉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっとこどっこいしょ。 | トップページ | つらつらと。 »