« 百合が咲いてます。 | トップページ | 赤い花。 »

2009年8月 9日 (日)

みずいろだったのに。

Tonbodama15
………別の色の地玉にしたら、ちっとも水色のお花じゃない気がする。
左黄緑の方は、円錐にしたパーツ、右は円柱を炙って丸めたのですが、入れるのがきっと早かった。底の方が開いてしまったという…orz
地玉も熱して緩くしたとこにぐいぐい押し入れた感じなので、そりゃ開こうって物でしょうか。
なるほどこうなるのね… てことは口頭で教わってもイメージできるものでなく、やってみて失敗から学ぶしかない。
クリア掛けた後はほぼコテ当ててないので柱のまま開いてないような気がする。底はひしゃげているけれども。
あとやっぱり花が横広orz コレを一番なんとかしたいかも。
やっぱり炙り過ぎだろうか。
花埋めると凸っとなるので均そうとするのに焦り過ぎ?

黄緑の玉の方は今回芯側がおかしなことになってしまいました。
多少まくれ上がったので、へそ内側に離型剤痕がついてるのと、孔の中の部分、一本線が入ったようになってます。
……よく解らないorz
鑢の掛け方が悪いのかと丁寧にやり直してみたのですが、溝が深くて取りきれません…何故orz
コテで押した時撚れたのかな。

まぁとにかくなにより、真っ直ぐ埋めて均等に開くことが出来るようになりたいなぁ><。

Tonbodama18
なんとか円錐にする練習と、埋める練習は出来そうなサイズの薔薇と、一番新しい紫の花と、↑の水色の花。
こうして見るとやっぱりちっとも水色じゃないですがーー;

Tonbodama16
左下のが紫の花…なのですがやっぱり透けて紫でなくなってます^^;
薄いクリアに近い紫と、濃い紫と、特色の紫とソーダの白の花びらなのですが。
ピンクの花は前に作ったもの。
較べるとやっぱり小さい。これはこれで可愛いサイズだと思ってるのですが。
紫の花びらはあと6つあるので、また別の花芯か、同じでもいっか…組んで練習をば。
今日は組む為のポンテはステンレスのを使ってました。花びらも、その後のお花に組む時も。
冷めてイキナリ落ちることもあって苦手だったのですが、きっちり側面まで付ければガラス薄くていいし、下から炙ってる分には撚れにくいしイキナリ落ちることもないし、なんとか慣れることが出来そうな気がしてきました。
ガラスポンテの時より無駄なく引けてるような気がするし。保持できる熱量が違うのでしょうか。

**

ところで今日は、買い物ついでに隣町の図書館を覗いてみました。
微妙に狭い印象でしたが、目的の本(畠中恵著『ねこのばば』)はすぐ見つかったので1時間くらい読んできました。
閉館時間になってしまったので最後の章は読めませんでしたが。
利用案内を見つけられず、隣町はダメかなぁ…と帰ってきてしまいましたが、検索してみたらどうやら大丈夫そう… …でも明日はお休みなのねーー;
また後日。

ただちょっと寒いんだよなぁ…背中がかなり痛みました。
母も手足が痛いみたいーー;
……赤字町らしいのに、無駄にクーラー掛けてるようで。
でも静かでよかったなぁ><。 ローラーシューズのお嬢さんもいなかったしね。←注意力散漫な年寄り連れてるので本気で怖い、時々。

|

« 百合が咲いてます。 | トップページ | 赤い花。 »

トンボ玉」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 百合が咲いてます。 | トップページ | 赤い花。 »