« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »

2009年4月12日 - 2009年4月18日

2009年4月18日 (土)

巻いても巻いても。

Tonbodama26
相変わらずうまくいかない…
中に7つ点を打つために、大外の点を大きく打てば良いわけでもなく、やっぱりバランスを欠くとどうしようもないことになってきますーー;
結果的には無駄に大きな玉作っちゃってがっくり。
レースはレースで炎が近過ぎたらしく、ぐにゃぁん。

Tonbodama27
パーツ引いた端っこ落とす時に練習してもいるのですが、しずくも思ったサイズに作るのが難しく、まだヘンプとかひっかけられる形をどう作ってやったらいいのか判りません;
たまに偶然くるんと蒔かってくれるのですが、大抵はもう切っちゃえばいいよ状態に伸びます。
今日はついでなので、一旦平らに広げて点打ってインサイドアウトってガラスがどう動いてるのかなぁとお試し。

………判りませんでしたーー;
ピンク系の方見ると、円盤にした真ん中辺に打った物が上の方で、外側の方が下から伸びる感じっぽいのですが、で、上下はどうなってるの?てなあたりも判りませんでしたーー;
まさか下から覗き込みながら焼くわけにもいかないし;;

にしても玉ねぎ型にする場合、どっちに傾けた方が安全かつ確実なのか、判らないまま適当に始めたのですが、薄くなる側にも限度がある筈で…中に鑢かけたら途端にぼろっといっちゃうのも問題アリで;
ガラスは焼き縮むわけで、下に落ちるのではなく、上に引っ張られる感じなのでしょうか?
そして上の方、やっぱり切るか鑢かけないとどうしようもないよねorz

ところで、今日も本を見て作ってみたパーツがあるのですが、本の通りになりませんでした…何故…
ガラスの量比なんだろうか…
普通に単純パーツにしか見えませんーー;
Cocolog_oekaki_2009_04_18_11_49
コレわざわざ白い輪っかを作る必要性が判りません;
多少葉脈みたいにスジが出来るのを狙っているのかなぁ…でもそれは自分が下手で失敗してるからなんだろうかorz

真ん中を突いて更にクリアを被せてみてイメージが違ったので、突かないバージョンを蒔いたけれどもやっぱりイメージが違い、しかも崩れたのでケガキでぐるりぐるりと約3周、結局マーブル。
Cocolog_oekaki_2009_04_18_16_28
もう一度本開いてみたらこっちだった; 二重に蒔くようですーー;
でもなんか違うような気もするーー; 白は鉛の白だったのかなぁ;;
くらげのように透けるイメージなのに…クリアが少ない?白が多い?
まだまださっぱり解りません><。

| | コメント (0)

中間色。

Hosobiki1
興が乗ってしまい、細引き練り練り。
下の方に金練りとマイカパウダー練りが一緒に写ってます。どのくらいまで入れて練って大丈夫なんだろうか疑問に思いつつ。
点打つくらいならアバウトでいいんじゃないのかと適当です。

今日引いた分は、似たようなロッドは売ってるのですが、その中間色ぽいのを練り練り。
うっかり青と水色の間を忘れましたが…まぁいいか。
ロッド熔けた分全部蒔きつけて、4ミリのステンレス芯棒で混ぜ混ぜしてから引いてました。
やり方的にどうなのか…あんまり気にしない事にします。
全く同じ色は二度引けないあたりもまぁ気にしないことに。

しかし、ソーダは混ざり難いんですね><。
思った以上に練り練り練り練り大変…でもってやっぱり完全には混ざらない。
赤は赤だけでもマーブルぽくなりやすいしーー;やっぱり金属重くて沈みやすいてことなのね?
でもって加熱して練ってる間の色の悪さ;
赤が黒くなるのは慣れたけれども、白混ぜたらグレーになっちゃって(そりゃそうかorz)鉛が混ざっちゃったかと…;;;
ま、でも、ピンクぽい色と薄茶みたいのを一応なんとか。
混ざって判らなくなるのが恐いのでとっとと別にしました。点打ったらどうなるだろうか。

Tonbodama25
立体パーツ練習その2.
やはりサイズ的にも問題大有りらしく…長さもどのくらいにしたらいいのか判らないでよれよれ;
クリアの細引きも作っておいたのを使ったので、若干作業はスピードアップしたのですが、よれっぷりに変わりはないようでーー;
しかもこれ絶対花びらの時点でおかしいーー;;だから組んだ形が崩れてる。
もっと一枚一枚が大きいタイプから入りたかったのですが、太目に引く、ことが出来なかったのですーー; 一色だったら割と望んだ径で引けるんだけどなぁ><。

にしても、開かない方のパーツ、白と紫とクリアなのですが、茶透明の上でくっきり丸いですね…なんでだろ; 馴染み悪いんですかねーー;

| | コメント (0)

2009年4月17日 (金)

毎度難航中。

Tonbodama21
いつもの点打ち水中花。
成功率上がってきたけど精度が低いorz
ちょっとずつちょっとずつー。

地玉がマーブルなのはやっぱりパーツを引こうとしては失敗したり端っこが出るからなのですが、この混ぜ具合も難しいなぁ><。と言うことで、いっそのこと…と、オリジナルカラーの太目の細引きを作りました………orz
ソーダの白が練りこまれてるけれども、今のところソレが理由で割れたことはないので、そんなに大した量混ざってないってことだと思う。1割くらいなら平気ってどこかに書いてあったような気がします。
Tonbodama24
混ざった色なので、地味な入白系の黄色と、柔らかいグリーン。
たまに、そんな色あった?! て色を使われてる方はやっぱり自分で練って作られているのでしょうか…ポンテに残った土台とか練り練り練り練り練り練り…均一に混ぜるのは結構大変でした。
でもガラスロッドって色によっては人が練って作って売ってるんですよね? ピンクとか。
ま、でも急いでマーブル増やすよりはこの手で細引きを作っておく方向もいいんじゃないかと一人決め。無理にすぐに使わないでいいので。
と言ってもやっぱり半端に残ってマーブルが増えるとは思うのですが。
で、練った後にもやっぱりちょっとはガラスが残るわけで、それをよーく炙って水に… ……やけに綺麗になりました、ポンテと芯棒がーー;一皮剥けたとはこのことか。

Tonbodama23
無理して頑張ってみた開く花のパーツ。
実にまだどのくらいのサイズにしたらいいのかも判らない。
しかも、花芯も作ったのですが、サイズが合うように花びらをひけなかったのです…半分以上が細過ぎでした; いずれ混ぜて何色かにしようと思いますーー;
黄色と白と透明が主になるわけですが、何色を混ぜたらどうなるのか…絵の具と違うわけで心配でもありつつ。

Tonbodama22
ポンテガラスをよく割ってしまうので、次々換えて、うっかり出してあったクリアが終了;
先日長いのを下ろしたばかりだと言うのに早いよ><。
で、それも上手く行かなかった要因の一つだと思う… 開く花は上にクリアを掛けてやらなきゃいけないのに満足にかけてやれませんでしたーー;
でも取り敢えず作り方的にはこれで開くんだってことは判りました。
まぁそんなこと以前に花びら一枚一枚をちゃんと作れるように引かなきゃいけないわけですが。
ムリーニとも言うんですよね、ミルフィオリ…ミルフィオレって書いてあるのも見たことがありますが。ムリーニというヒビキはやっぱり『無理』って印象が強いですーー;
ちなみにグリーンマーブルは↑のオリジナルカラーを地玉にして同心円を打ったのが崩れたのでそのままマーブルに…これはこれでアリだよ!(泣

| | コメント (0)

つらつらと。

Osuteosuperumamu2
玄関先のオステオスペルマムは相変わらず綺麗です。
どのくらい咲いてくれるんだろ。
ラナンキュラスは強風で多少折れましたーー;
藤の房が一日で随分育ったのですが、写真が下手過ぎました…orz

この葉脈(と言っていいのかなぁ? 花びらですが)の感じをとんぼ玉のパーツに入れられるようになりたいものだと思いつつ、相変わらず単純パーツを引くのも苦手ですorz
机の配置も悪かったかなぁ><
右はすぐ壁に当るし、左は鏡台の背に当る;
ガラスが飛び散らなくて良いと思ったのに。
炎から離れたらガラスが固くなり始めるわけで、なるべくゆるゆる火に当てながら引きたいのに、太いトコ細いトコびよーんびろーん。
太目の細引きを作る要領だよね?! と解ってはいるのに。

がっくり。

本にも情報はあるのですが、とんぼ玉の作り方を公開されてるサイトさんをぐるぐるして参考に、と思ったのですが、花びらパーツ一枚すら満足に引けないときているーー;
そして使えないパーツを流用したマーブル玉が増えますーー;
点打ちと成形の練習になりますが。
要領悪い方なんだろうなぁorz
でも負けないよ><。
うっかり割れて落ちたパーツでヤケドとか繰り返しているけれども><。

そうそう、ポケットのあるエプロンをしていると危険だろうなぁと…
ずっと思ってはいたわけですが、案の定、熱過ぎない、着火しない程度の破片が入ってましたーー;
鋭いのではなく、熔けて丸くなったのでしたがーー;
こーれーだーかーらー><。

気をつけないとね。

| | コメント (0)

2009年4月16日 (木)

モリバでタルト。

S2
初、モリバカフェ。りょっくんとりっちゃんも忘れずにカシャリ。
フルーツタルト380円、苺もクリームもタルトも美味しかったけれども、上のハーブは既に萎れ気味(笑
いっそ乗せない方が良いと思う。

初めてのイオンモールでくたくたになってきました。
母歩かせるどころじゃないorz
くたくた手前で食べているのにも関わらず、夕方までもたず、帰宅車中でおむすびを頬張りました。
国道を挟んで建物が分かれてる片方だけでくたくたorz
しばらく行かないと思う。

しかし帰り直前に靴をゲット。
そろそろサンダルでもと思ってはいたのですが、好きなデザイン≒サイズなし、のパターンが多く… この際高くても買うのに><。と思っていたのに、結構安いのを発見。
5000円切ると大変助かります。
Shoes1
靴道楽してた頃を過ぎてずーっと黒できていたのを、イキナリ、オレンジと赤(笑
サイズがあったのでつい。
他にも色ありましたけど、つい。
ちなみに色は左のデザインの白が人気だそうですよ。
赤い方を履いて帰ってきました。

他所でこの二足分くらいのお値段の可愛いサンダルを履いてみたら、Lで先の方はギリギリなのに、かかとがふこふこ浮いて気持ち悪く、Mでは先の方が入らないと言う…間サイズが欲しいなぁ><。 と悲しく諦めた後だっただけにちょっと嬉しさ増しました。
足元に合わせて髪もなんとかしないとなぁ…
半端丈でもわもわ天パが悲しいことになってきました;短く保つのってメンドイ。1000円カットに寄ってくれば良かったかも。

| | コメント (0)

花華。

Hana4
何かが種を運んだか、昨年の黄色コスモスの鉢辺りに入っていたか、裏に紛れ込んでました。たまにこういうことがある。
可愛い…この紫の入り具合が。

Inufuguri1
今年もイヌフグリが元気です。
たまに青よりは紫と言いたいものが紛れてます。

Habotan2
庭の方の白い葉牡丹。こちらは大人しく一本塔が立った感じ。
花もちょっとだけ白っぽい気がします。

Jyuunihitoe1
十二単…だったと思う。
じっくりアップで見るとなかなか面白い形。
この色も結構好き。

Hana5
蛇苺、だと思う。今年はかなり咲いてます。
ホトケノザと覇権を争ってるような感じ。
あくまでもそこに蒔いたのはクローバーの種なのですが。
しろつめはダメだったようです、蒔くのが遅すぎたーー;
でもレッドクローバーがところどころ。
実は無毒だが美味しくないらしい。
そう言えば苺の花も撮った筈ですが見当たりませんーー;あれ;
そろそろ何か敷いてやらないと食べそこねそうな気もします。

Hana6
名前知らないですが、これも昔からよく見かける草。
ぽつんぽつんと生えてます。
たんぽぽの仲間じゃないんだろうか。
開くとこんな感じ。
Hana7

Koume1
庭の小梅。
自分はどうしてもカイドウと小梅とが覚えられないorz
こんなに可愛いのに個別認識してないのか…orz
こういうとんぼ玉パーツも作れたらいいなぁ…まだまだ脳内シミュレーションが伴ないませんが。

Tutuji1
つつじ。
べたべたするのがキライだったのですが、咲いたら綺麗なんだよなぁ。
痛むのが早くてそういう意味でも苦手なのですがーー;
もうじき満開です。

ところで…カメラがそろそろ怪しいですーー;
何度も何度も何度も落としてるしなぁ;;
もうちょっと頑張って欲しいのですが、なんでかしょっちゅう『EOS kiss』のセールをしていて目が行く…本当にちゃんと期間区切ってるのか、その合間合間に買っちゃう不遇な人はいないんだろうか余計な事を考える。
あ、でも望遠付いてる時と付いてない時があるかもだから慎重に~かな。

| | コメント (0)

2009年4月15日 (水)

ぐーるぐる。

Tonbodama19
泡玉点打ち水中花。
いずれもマイカパウダーがちょっとずつ練りこまれてます。
お日様の下ならキラキラが判る程度に。
直に入れたのではなく、クリアに練りこんだ欠片を混ぜ込んだりしているので、金赤が若干分離したように見えなくも無い…けどよくよく見ないと判らない、気にならない程度。
外側に上手に付けるにはどうしたらいいんだろう…浅い器が要るだろうか。
専用に売ってる小皿はちょっとお値段が張るので避けたい。
今はスーパーブルーだけ、ペットボトルにオマケでついていた小さな茶筒に入れてるのですが、いっそ蓋側に移して作業したらいいんだろうか。
もういっそ、100均一の絵の具とか混ぜるアルミかステンかの小皿で良いと思ってるのですが。

ところで独学で頑張ってる方々の上達具合と言うか、技法的な進展具合が凄いなぁとあちこち覗くのですが、自分は全然パーツが組めると思えないーー;
同じセンセの教室を2箇所通ってるらしい方が、初級は終了になったようなのですが、パーツ組む前に忘れていることをおさらいしてからとなるようで。
………そっか…二年目でパーツ組むのね…てゆか、もしかしたら本当は3年目ってことか?
…あれ; じゃぁ自分に初級教えて、他の人にちょっと先のことを教えて、からだと時間足りないんじゃ…;;

…とにかくとりあえず自分は丸とへそを手に入れなくては…
とか思いつつも今日も単純花パーツを…引いたのですが失敗ーー;
花びらの色透明にしたのと、盛り方に偏りがorz
Tonbodama20
がくーりとか言いながら色変えて試し試し。
なんか…フジツボに見えなくもないorz

ついでにソーダの赤とオレンジ(?)も練り練りして巻いてみたのですが、巻き取りの最後がやっぱりスジ状に…
余裕もって熔かして最後までは巻かない、のがいいのかな。

| | コメント (0)

巻き巻き。

Tonbodama17
昨夜巻いた水中花。習った分ちょっとはマシ?
本より2工程、自分でやってたより1工程多い、要は突き回数ですが。
しかし後でセンセのビデオ見直したけれども、なんかもうやっぱり手つきが違う。
流れるような動作がね、なんかね、全然違うよ><。 ←当り前。

ちなみに金練り棒に再挑戦したのです。
他人がやってるとやりたくなる、しかし銀澄み持ってないので、金箔で挑戦。
前回少なすぎたのもついでに巻き直し。
細引き作る時と同じ調子で箔を巻き上げて練り練り。
直径約4ミリのと3ミリのと、20センチくらいのが1本ずつ出来ました。
その前にスーパーブルーとチェリーレッドのメタリックパウダーで予行練習したのですが、雲母の粉より、金箔の方がナンボか混ざりやすかったです。なるほどー><。
でもって毎度ですが、端っこ勿体無いのを流用。
赤い玉にはチェリーレッドのパウダーがちょっぴり練りこまれてます。
よーくよーく見ないと解らない程度。
でもエアをかなり抑えて練ったので、分離して毛細血管みたいな状態にはならずにすみました。
そうそう、ピンセットで巻き巻きもしたのですが、今日見つけて衝動買いした園芸用のコテ?付きピンセットがなかなかに使い勝手がいいです。大き過ぎなくて程よくがっしりしていて。
ステンレスでお値段は400円しない程度。
ガラス用品のトコに売ってるがっしりし過ぎのは扱いにくそうだし、最初に買ったピンセットは先がかなり痛んできてるので←使い方に問題がorz
Dougu1
比較対象物がないですが、大体20センチ強くらい。
そして前回木炭挟みも買ったのですが、やっぱりがっちり感あるのはダイソーのコンコルド。材質が色々だったので、何が一番熱伝導率低いだろうかと悩み、とりあえずスチールを選びました。
どうやって先を切ろうか悩みましたが、プライヤーで上下に曲げたら折れました。多分やすりかけた方が安全…まだバリがあるままです。
しかしコレなら細いベネチアングラスも持てます。
**追記:長く持ってると熱いですーー; 重ね折りしたアルミホイルで掴んだりしてます。
キナリ製のみたいに針金付けようかとも思ったのですが、強度問題が生じそうでorz
**

奥の青の玉にはスーパーブルーがほんの僅か。
スーパーブルーはどうしてやったらいいのか解らないくらい自己主張が少ないです。
もっと目立とう精神発揮してくれたらいいのに。練り棒はものの見事に白く失透したかのような棒に仕上がりましたーー;
で、手前の青は透明に金箔ちょびっと、の部分で花を押さえてみました。
地玉の方にいれて、花には透明を掛ければ良かった…と若干後悔気味ですが、何もかもが次回の糧さ。

Tonbodama18
チェリーレッドのマイカパウダー棒と、金練り棒をちょっとだけ使ってみました。
黒に直に乗せると発色が良いような…
白の天打ちの上にマイカ棒のっけても全然入ってることが解らない玉になってしまいました…そうか…なるほどー;;
ちなみに、マイカパウダーの発色具合に疑問を持ったので、途中で黒に金属皮膜を被ってもらいました。途中まで綺麗な黒だったのですが… マイカが発色してくれないなら黒が銀化してくれるくらいでないと><。と。
結果はうっすらとですがちゃんと赤く光ってくれてます、黒そのままでも良かったなぁーー;

まぁ勿体ないので、後の金練はもっと上手になってからー。

| | コメント (0)

2009年4月14日 (火)

点打ち水中花。

Tonbodama16

今日の教室での点打ち水中花。
案の定、玉砕でした。
写真は二重蛍光灯くっきり^^;

いつも一番先に教わって時間いっぱい延々やっているので、そろそろ誰か不満を言い出さないだろうかと不安も抱えつつ、今日は進んでいる人達が時間の掛かる事やるから先にやりましょう、と言われはしたのですが、うーん… ここのとこいつも一番先に教わってます;と言えなかった小心者です。
ちなみに一工程足りなかったこと発覚。なるほど。
と、結局のところ5つの点を上手に打ってなければ意味が無いorz
また点打ちの練習が必要です。
今日もビデオ撮らせてもらったのですが、あんまり上手い事撮れてないのでがっくりーー;
肉眼で見たいんだやっぱり、そうすると必要なトコが写ってない。

ちなみに他の人は二色玉の人と、銀練り棒作り。
練り練り練り練り。
残念ながら背中しか見えなくて工程は見えず。
注意点とかもロクに聞こえず。
引く段階的にはピンセット使わない方の細引きと一緒だよねと眺めつつ。
銀はよく酸化するとか目にしますが、焼き過ぎると黄色っぽくなるようで、金みたいな感じと言うか…どうなんだろうあれはーー; 銀ではない色になってました。
いっそアルミはどうなんですか、ガラスにはダメですかーー;そもそも日本画のところに売ってる物は同じですかどうですか。←質はともかく、厚み問題で。
これも聞きたくて聞けなかった。
別にセンセが恐い雰囲気なわけではなく、その前に自分の課題やれですよねって思っただけですが。

そうそう、他の方がキナリのアベンチュリンの綺麗なロッドを持っていたのです。
キナリは好きな色が多いのですが、全然持ってないので遠巻きに眺めてましたが、蛍光色もかわいいよね…どう使ったらいいのか全然イメージ湧かないけども。
裾玉をいっぱい巻いても可愛いかも。
キナリの渋い色合いとか欲しいと言えば欲しいんだよなぁ…絶対混ぜない環境作りをしないと手が出せないけれどもー。←整理下手。

ちなみに次回ようやく『くま玉』を習います。
センセが「申し訳ないんだけどー」と言った瞬間、今度は何を買って来いですか、ガラスですか、道具ですか、と思ったのですが、そうではなく、既に勝手に仔ぐま巻きまくってるので「ごめんね」だそうで。
でも工程とか確認したいし。
センセの仔ぐまも好きだしねぇ。
てゆか、いっそ兎でも河童でもいいんですが、河童は教えてくれないだろうなぁ。
……そういやニワトリも可愛いんだ、センセのは。一番好きなのは河童ちゃんだけども。
でも本当、他人のデザインで作っててもしょうがないしねーー;それだけは解っているよー。

| | コメント (0)

ぐーるぐる。

Tonbodama15
昨夜の試行錯誤。
右の引っかき練習は点を打てば良かったと後悔しきり…でもどうなるのか知りたかったんだ。
今日は教室で点打ち水中花を教わるわけですが、今まで何故失敗しているのかが解るでしょうか自分ーー; できれば習う前に自分で解りたかった。

ところで3日くらい前から、寝違えたかなと思う感じに首の左が痛みまして、背骨を傷めた時貰ったスミルスチックが余ってたのを塗ってるのですが、
でも今ふと、二週間前の教室のちょい前から痛いなぁと思っていたことを思い出しました。
でもって今朝からなんか、首も痛いは痛いのだけど、なんかこれ、喉が痛いんだなってことに気付きました…あれ;;
まぁ寝違えたにしては左右どっちにも首動くんですよねーー
痛いは痛いんだけれども、寝違えた時って本当動かせないものね。

ここ数年以上、常に鼻と喉がおかしいので感覚的に麻痺してるような気がしてきました…
頚椎もおかしいらしいのですが、まぁそれはそれ。
い、医者に今更行くのもなんだけれども…
てゆか、この場合何科に行ったらいいのか解らぬ。
鼻炎?耳鼻咽喉科に行くべき?!
でも声が普通に出なくなった時「なんともない」とか言われて、なんともないのに薬出してくれた医者のところには行きたくない><。
しかも全然治らなかった(そりゃそうだ)。

でも今日は教室があるので絶対病院には行けないから行かないのさー。

| | コメント (0)

つらつらと。

Daikon1
母の大根の花が咲きました。
毎度毎度、お勝手で腐らせるのがオチなので、強制的に捨てている大根の頭の水栽培で。
ここまで育ったのは初めてかも。
いつも葉っぱは育つけれども、途中で水が腐るか、干からびるので。
Daikon2
あんまり待遇がいいわけでもなく、支えもなく、コンビニスィーツのプラカップに入ってるのですが。
3つは咲きそうです。

Hana1
一番綺麗な時を撮りはぐってしまったエアプランツ。
花三つ咲いたのですが、既にこの状態ーー;
割と長く咲いてくれてたような気はします。
後ろに見えてる葉っぱは別の鉢です。コレ自体のは細長い。
エアプランツも買っては押し付けられ、要らないーと世話しないのでダメにしまくったのですがーー; コレは初めてちゃんと水くれて育てました。
でも週に2-3回たっぷり霧吹きで、ってエアプランツにしては水好き過ぎな気がします。
メンドイので一瞬水に浸して明るいとこに上げとくのですが。

Fuji2
鉢植の藤が色づいてきました。と、喜んでいたら、他所んちの藤は既に房が垂れ下がってるのを目撃…Σ( ̄□ ̄;)
5、5月だもん、藤の本番は><。 ←何故か張り合う気持ちが生まれるのって…orz
庭の藤は蔓伸び放題伸びるばっかりなのですが、日除けとして役立ってるので良し。

Taniku2
アロマティカスは最初に挿し芽にした2本のみ元気に育ちました、後は全滅;;

Hana2
昨年一株直植えでダメにした花…相変わらず名前が思い出せません。
売ってるのはもう大分咲いてますが、家のは丈もひくく、花芽は付き始め。
ピンクの大振りの花も見かけたのですが、家のは小さい青紫。

Taniku1
待遇悪く、買ってきた時のままの多肉。
一回ダメにしたらそのコは相性悪いから買わない、と約束してるのですが、母懲りない…
でも『ほっといた方がいい』と立証された感じです;
うちは構いすぎ、可愛がり過ぎとよく怒られるのですが、本当そうみたいーー;
さぼ系はほっといた方が元気。

Toji1
兎耳ちゃんも初めて冬越し成功したのは植え替えないでポットのままのもの…
3~4代目だと思いますが…そうか…手間隙かけちゃいけないんだなぁ…orz
まぁ母のなのでこのまま手出ししませんが。

Hana3
毒草らしいですが、なんだっけ…また今年もコレが咲き乱れ始めました。
増えすぎ… 昨年大分刈ったけれども、同じかそれ以上に増えてますーー;
母は好きなんですが、毒草と言われるとちょっと気になる;

Tuta1
蔦はようやくこんな調子。
できれば常緑の方が… でもこれ引っ越してきた時からずっとあるからねぇ…でもまだまだ壁を覆いつくすには至らない。
どうせなら常緑に覆われたいのに。

Tuta2
昨年新規の蔦。 コレが2箇所同じくらい。
こちらは冬場も葉っぱを保持してるので、できればこちらに増えてもらいたい。

庭の元池付近も斑入りの別の蔦が覆ってるのですが、それはそれでカオスな状況です。
とりあえずなにもしないですけどー。

ところで今年は不耕栽培を決め込んでいます。
どうしてもキライな雑草以外はほぼ刈らない。
ようやく全ての里芋を掘り起し、ダメっぽいのを埋め直し、育ちそうなのも埋め直し、葉っぱが出てきたら移動の予定。そして水やり以外はやらないつもり。
後は菊がごっちゃりの予感大なので、5月に間引き移動、挿し芽でなんとか。
相性のいいハーブが増え放題増えてて酷いのですが、方向を変えさせる程度に留めます。
後はまた夏に水害がなければ多分…なんとか。
水没はいかんともしがたいのでーー;
今年は雨も少ないですけどねぇ。

ちなみに、昨年収穫したカボチャ、見栄えの良い物から食べたのは失敗だった模様です。
あんまり美味しくないなぁと残ってたオレンジ色の物たちを、仕方なし食べ始めたら今頃美味しい… ……どゆことーっ><。
悔しさでいっぱいいっぱい。
こ、今年も種撒いてみようかなぁ…管理メンドイのですが。葉っぱどうしてもうどん粉病になるので。
と、昨年はスイカが惜しかったので、今年は早くに買って食べて種を捨てておけばまた成るかもしれないよ! と思ったのですが、どうにもまだスイカを食べたい気持ちになれません;
……そりゃそうだよねーー まだ4月だもの。昨年の種がないではないのですがー。

| | コメント (0)

2009年4月13日 (月)

ぐーるぐる。

Tonbodama14
よそ様のひだ玉があまりに綺麗な色だったので、あれはどうやっているのかなぁとぐーるぐーる考えてたけど解りません。
取り敢えず、普通に多色でツイスト棒作って巻いてみましたが、やっぱり違うなぁ…
年季が違うと言えば違うので、まぁ気長に気長に。
失敗したレース棒も巻き巻きの練習。
どうしても一回以上止まりますーー;
浮いちゃうことはないけれども、地玉を崩しそうになるーー;
と、やはり両端までいくには太さが足りてないーー;
もうちょっと太目に捻らないとなぁ

そうそう、紫の玉は片方、最初に地玉を平らにする時に、離型剤が浮いたのが解ったのですがーー;
うっすらまだ粉付いてるよね…と続けてしまいまして、これだけ外すのにプライヤーが必要でしたーー; でも綺麗に外れたのでよし。って、玉の方にちょっと離型剤くっ付いちゃってるのですがーー;

青い小玉も今日は2ミリ1本に5ミリ間隔くらいで7つ作ってみたのですが、徐冷材にちゃんと入れたら割れてません。
…そか…やっぱり徐冷材に入れてあげたほうが良いのかも、ちっさくても。

| | コメント (0)

試行錯誤。

3歩進んで2歩下がる…
ぐるぐると、何を作りたいのだか解らん…まだ細かい物作れる段階でもないしなぁ…と、
パーツの端っこマーブルと点打ち点打ち…
結局仔ぐま頭つくってないよ…;;
Tonbodama13
ソーダの赤は結局のトコ手早くやらないとクリアの上に鉛が混ざってきてしまうようなとこがなきにしも? どーなるのかなぁと試していたら多少クリアの枠線ができてしまうこともあるようだと解ってきました。
と、水中花は別のやり方もあるようなので、試し試し。
どっちもどっちだなぁ…でも先に花びら自体にクリアをちょこちょこかけておくのも有効…?
でも突いた時に穴がぽっかりってこともorz これはイヤかも。
加減問題でしょうか。

Tonbodama12
仔ぐまたちがかわいければなんでもいいような気分になってしまったりもするのですがー。

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

つらつらと。

Ranankyurasu3
Ranankyurasu4
Ranankyurasu5
本当に次々咲いてくれます、ラナンキュラス。
丈の低かったタイプもようやく蕾が膨らみ始めました。
今日は生憎の天気でしたが、よさ気な時にドライフラワーにしてみます。
先日母が第一弾を車に入れておいたのですが、生憎と日当り条件が悪く…
……半日陽が射さないからねorz
また後日なんとか。

Osuteosuperumamu1
オステオスペルマムも元気です。
まだ育て方を調べてないのですがーー;
コレ外側が黄色くてとても可愛いんです。

Fuji1
昨年購入分の藤。
鉢も変えずにそのまま水に浸けてあります。8月まで水浸しでいい筈。
庭の方は今年も咲きそうにないなぁ…水浸しとかしてやれないしーー;

Tonbodama11
今日もとんぼだまは失敗パーツを熔かしてまきまきorz
色がどうしようもないことも時に多々orz
でもマーブル加減がかわいいことも多々。

Tonbodama10
ついでなので、ソーダの赤に、ソーダのクリアをかけて細引きにしてみました。
バーナーとか売ってるサイトさんのメルマガ?が検索に引っかかってきた時に、クリアをかけておくと鉛に乗せても黒ずまないとあったので。
加減が判らなかったのですが、とりあえず、くるまってればいいよね? とアバウトに。
そして端っこは適当にマーブルまきまき。
これ結構面白いです、層になってるのが見えて。
で、適当に点打ってみたのが上の写真ですが、ちょっとばかり真ん中が白っぽいけれども、取り敢えずは赤が乗ってます。
クリアは目立たないと思うのですがどうでしょう。
40センチくらい引いてみたので、ガンガン試してみるしかないですね~。

| | コメント (0)

つらつらと。

Tonbodama9
朝日の入る時間帯に撮った写真。
こっちの写真の方が色と言うかなんと言うか… 好みです。
やっぱりお日様には敵わない。
しかしキラキラのとんぼ玉も好きなのですが、これ艶消しにしたらもっと可愛いんじゃないだろうか。

Tonbodama8
仔豆ぐまと、くま頭たちと、小玉。
相変わらず小玉は特に難しいーー;
今回はもうちょっと範囲広めに離型剤をつけて、1本に5つ以上いってみよーッと思ったのですが無理でしたーー;
いや、5つまではなんとか、できなくもなかったけれども、離型剤の入れ物の大きい方をまだ開けてないので…小さい方だと限界がね…orz
にしてもこんなに沢山巻いているのに未だに仔ぐまの顔が歪みがちです;
もっともっと巻かないとダメだね><。

にしても、自分の使ってる離型剤(FUSIONPLUS)は二重蓋になってるのですが、気温変化で気圧が変わるせいか、よく水が上がってます…内蓋の上まで。
きっちりしめてあっても水は上がるんですねぇ…
まぁいいんですけどそれくらい、油やハチミツと較べたら可愛いもんですがー

| | コメント (0)

« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »