« 残念ながら… | トップページ | 行きつ戻りつ。 »

2010年3月 2日 (火)

昨夜の。

Tonbodama179
お花パーツ、いつもなら捨ててしまう側、端っこを切って埋めてみました。
まぁ最近、結構長目に端を切ってはいるので、割と整ってる方だと思うのですが。
やっぱりこのサイズのがしっかり花芯まで見えるなぁ…
と言っても、本当はもっと花芯広がるイメージでいたので、もっとクリア掛けろってことなのね;
Tonbodama180
前回のと同じパーツですが、表面積が約倍くらい。
多少気泡入ってるけどしょうがない、元のロッドにすーっっと空気の線入ってたんだものorz
おかげで割れた割れたーー;

2つとも、いつもの1.5倍くらいの大きさになってしまったので、用途に困る感じ。
………いや、全然いつも使ってないけどもー;;

どうせならもうちょっと高さを作るべきだったなぁとも思う。
パーツ埋めて、クリア盛って馴染ませてったらどのくらいのサイズになるのか、そういう見当もまだ全然。

仔ぐま頭つけてストラップにするのに良いくらいのサイズが好き~。

Tonbodama181
これはリベンジするので、念入りに離型剤落としました。
炉を持ってたら突っ込んでみたらいいのかも。
でも持ってないので、割って再生予定。

Tonbodama182
←、点打ちして、花芯パーツを輪切りにして入れてみたもの。
Tonbodama183
←点打ちして、円錐にした花芯パーツを埋めてみたもの(上写真の反対側)。
点打ちがまず上手く行ってないとこにクリア掛けちゃったのも敗因だけども…まぁおいといて。
花芯はこのくらいのサイズか、もうちょい小さい程度でないと意味ないのね~と反省方々。また後日挑戦。

|

« 残念ながら… | トップページ | 行きつ戻りつ。 »

トンボ玉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 残念ながら… | トップページ | 行きつ戻りつ。 »