« 久々絵筆を… | トップページ | 言うなれば… »

2010年8月 9日 (月)

あと一歩。

病院の後、事故の届けを出して、現場検証して、事情聴取…を終えてきました。
正直なところ、転がったバッグとミラーに呆然としてたので、正確な距離間とか時間感覚とかあるわけない。
そして衝撃はあったものの、痛みがこないから尚のこと混乱していたよ。
今日は自分が言い出す前に、加害者の方から言ってくれたので気が楽になり、なんかイラついていた自分が情けなくなりつつも、お互いようやく落ち着くね~と。
届け出が遅くなったのは本当に自分のせいだしーー; コレについては平謝りしてきました。
被害者が良いと言えば、加害者は届けないよなぁ…;;

しかし、処罰とかどうでもいい、この際。
危なっかしいことに変わりはないので、そこら辺本当に気をつけてねとは思うけれども。
でもあの日自分は気付いてなかったけれども、左寄りには自転車がいたらしい。
かなり早くから気付いていた自転車と歩行者の間を通り抜けるつもりで、歩行者側にぶつかっちゃったんだねぇ…と。
バシッて音の後、自分がバッグとミラーと、左腕の存在に気を取られてる内に自転車は行っちゃったようで、本当気付いてなかったわぁ…
まぁどっちにしろ、距離感覚と車両感覚が正確じゃないってことだね。
しつこく正確な距離と速度とを確認していたので、自分もそんなに車両感覚に自信ないですが、と言ったら、警察の人には「そういう人は自信がないために減速するし、余計に避けるんですよね」と言われました… まさにその通り;;
そして「どの段階で気付いていたとしても、前をちゃんと見ていればぶつからないんですよ」とも。
かなーり見通しよく何もないので、かなーり前から気付いていた両脇の障害物が、同一方向に移動している、って認識が薄かった、ってことじゃないのかなぁ…と今更思ってみたけどどうだろう。
自分が車両側だと想定してみたらどう気をつけなきゃいけないのかなと、解ってなきゃいかんよね。

保障も保険屋さん任せで最低限で構わないので、そんなことより道路事情をなんとかしてよ><。と、最後の最後まで食いついてみたのですが、やっぱり警察にそんな権限がないわけでーー;
出来るのは規制と取り締まりくらいかなぁと。
個人の土地を削らせることも出来ないので、やっぱりあの細い部分は走るしかないのかorz
自転車買った方がいいだろうか…通勤にしか使わないと思うけど。
して、自転車なからには左側通行で更に怖い目に遭いそうな気もするけれどもーー;

ちなみに、腕の重ダルい感じの変な痛みは、今日がピークだと良いなぁああ><。
これ以上は要らないよ。
なんか今日も本当に痛々しい人の治療とか目にしてきたので、申し訳ない程度に痛いなと思ってるわけですが…;;
ちなみ2、どうも伸縮包帯とカバーどっちも痒くてたまんないわけですが、どうせ腕周り全体的に痛いんだから、全体に湿布して、それを油紙で覆えば痒くないってことに…
なーるほど! でも貼るタイプの湿布も貰ったけども。

Σ( ̄□ ̄;)
そう言えば、予約を取りはぐりました…orz
16日…仕事始めだから、その後行けると良いなと思ってたけど…明日…電話しとかなきゃ…orz

|

« 久々絵筆を… | トップページ | 言うなれば… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々絵筆を… | トップページ | 言うなれば… »