« なんとか帯留めっぽいことに。 | トップページ | 編み帽子。 »

2010年9月27日 (月)

有象無象な感じがするかも…

Tonbodama164
教室で引いたお花パーツの残骸をまとめてみたのですが、相変わらず玉にすると赤が赤くない…orz
お花は赤く出来たから、大丈夫になったかと思ったのに><。
写真では可愛い赤に見えてるけれども、ちょっと暗いのが本当です…とほほ。
何でだろ、かなり長いこと強火で炙ってるのが問題なんじゃないかと前から思っていて、だからパーツの時も、焼き途中の黒から赤く戻るかどうか本当に心配だったのですが…

……弄るとイカンとか?
練ったのがイカンとかゆーこと?
それとも、コテで弄りまくったのがイカン? のだとしたらパーツだって黒っぽくなっておかしくない…と思うのに。

わから~ん…
本当にわから~ん…orz

ちなみに、また挑戦して玉砕した←隅のマカロンもどき。
練り混ぜないと出ないピンクなので、後から足すことが出来なかった…故に上下のサイズが合ってないへたくそなマカロンもどきに…
地元に新しく出来た100均で、ぎざぎざになってるフルーツナイフを買ってきて、それでピエが作れないかと思ったのですが、そうは問屋が卸しませんでした…orz ですよね~
やっぱり盛ってからぎざぎざにした方がソレっぽいだろうか…?
一目で「マカロンだ~」って言ってくれた人もいたんだけどなぁ…
……そもそも、こういう厄介な色じゃないので挑戦するべきでしたかね…;;

ウチの先生を見ていてやっぱり凄いと思うのが、リカバリ力なのですが。
ほんのちょっとしたことですが、僅かにパーツのパーツがよれたり、割れてしまったりしてもちゃんとリカバリ出来るんだなぁって、いつも感心するんですよね。
勿論そういったちょっとした失敗みたいのも少ないから先生なんだとも思うのですが。
点打ちでも、ちょっとズレたりしても、それを諦めないで修正する、仕上げまで丁寧に持ってく、そういうとこちゃんと見習わないと『弟子』って言って貰えてもなんだか申し訳ないーー;

……まぁ先日から、『弟子』より『子分』て呼ばれてますが…
ソレはどっちが上なの?!

……『舎弟』よりは良いんですかね…謎です…

|

« なんとか帯留めっぽいことに。 | トップページ | 編み帽子。 »

トンボ玉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんとか帯留めっぽいことに。 | トップページ | 編み帽子。 »