« 2010年9月19日 - 2010年9月25日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »

2010年9月26日 - 2010年10月2日

2010年10月 2日 (土)

まだ埋めてない。

Tonbodama171
今朝引いたお花パーツ、真ん中。
Tonbodama172
端っこ。
……何この太さの違い(笑
パーツのパーツを組んでいたステンレスポンテ側が太い方、細い方は引っ張る為のガラスポンテ側。
今回エライムダなく引けたのですが、本当は全部左下くらいに引きたかった。
真ん中サイズで4ミリ径くらいだから、まぁ普通なのですが、大きめのが欲しくて頑張って組んだんだけどなぁ… …うっかり。
しかし花芯はともかく、花びらを3段組み以上に出来たためしがない。
すっごい段組して八重咲きの花を作ってみたくもあるのですが、今回並のでも自分には重いーー;
大体いつもパーツのパーツを2cm強、2.5cm以内くらいにして扱うのですが、直径4センチ超えたりすると、かなり危ないーー;
今回も絶対泡残ってるので(元のロッドが酷かったーー; 作業始めないと解んないことが多いーー; そして往々にして、もう止められないくらい組んだ後発生する;)

蝶とかすっごいモザイクとか、夢のまた夢だなぁ…
見るだけでいいや…

今日は母が検診の日で、取り敢えず血糖値だけは良かったのだけれども、他は酷かった…故に薬がまたどかっっと増えました。
急に冷えたからね…そりゃ血圧も上がるわな…
プールは工事中だし、いつ再開できるかなぁ…とほほ。

しかしその後また遠方のジョイフル本田まで行って、仕事に必要な物買ってきたりして(地元では売ってない)ついでに教室とか何やってるのかなぁって見てきたら、
アッセンデルもヒンデローペンもあって、似たようなストロークのペイント教室があと二つ…
………なんで地元にはないんだ><。
ってどうせ平日なので行けないけどもさ~。
やっぱり地元の自宅教室に行くしかないねぇ…

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

未明に撮影。

Tonbodama170
東の窓を開けて撮ったのですが、見事にストロボが光りました。
……曇ってたしね。

お花の歪みっぷりが半端ないです。
花びらが丸まりそうで、うっかり押し過ぎましたーー;
ガラス焼き縮むからねぇ…って解ってたのにやっちゃうもんなぁ…orz

でも銀練りたっぷり使ってるので、母的にはお気に入りです。

今朝はまた花びらパーツを二種類引いたのですが、花芯をどうしようかなぁと迷い中。
新たに引くべきか、既に引いてあるのを使うか…
……あんまりとっといてもしょうがないしなぁ…
…花芯と花びらは、消費率が違うのでどうしても花芯が余る…無駄なく可愛くしてあげたいのですが~。

| | コメント (0)

2010年9月30日 (木)

毛糸の帽子。

Bousi03
Bousi04
今日編んだ帽子。
先日編んだものは、今自分が被っている…
…上まとめ直してあげたのに、今回の方のが母は気に入ったようで。
しかし、実は表にする側で閉じてしまい、ぼんぼんをつけてからそれに気付いて愕然。

なにやってんのーっ?! ><。

イマイチ自分が信用ならんーー;

| | コメント (0)

引き続き帯留め修行。

Tonbodama169
まだ水中。
お高いので、帯留め芯を増やすことには躊躇いが…

バリは出来なくはなったけれども、お花の埋め方がなんだか…とほほ続き。
いっそパーツを引きなおさないとイカンような気がしてる。
ちょっと大きめのお花を引かないとダメだなぁ…
……てことは、それに見合った花びらパーツを引かなくちゃいけないわけだ。

…土日に頑張るか~ ←今夜やる気力はない。

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

写真は正直。

Tonbodama167
Tonbodama168
やっと外せました、抜ける時はずるりとするりと。
離形剤が薄かっただろうかと不安になってたところ、するっっと動きました。

しかしあれれ…
さっきまで全然気付いてなかったとこの歪みにがっくり~。
全体のアシンメトリーさはおいといて、いかにもなへっこみとか、なんで気付かなかったのかorz
大写しすると、花びら曲がったのもよく見えちゃうねぇ…とほほ。

画面が大きくなるわけで、更にデザイン能力が要求されるのねぇ…
いっそ無地も綺麗だと思っちゃってるくらいですが。
混ぜ過ぎないマーブルに、大きく可愛いお花が咲いてるのを作りたいのですが~。

| | コメント (2)

2010年9月28日 (火)

ピンクの帯留め。

Tonbodama165
Tonbodama166
ピンク系のガラスを混ぜ混ぜ。
金赤も足したのでかなり好みのピンクになりました。
銀練りの濃いのと薄いのと、白いお花。

まだ外れてくれないので水中です。
昨夜のは昼に体重をかけたらずるっっと外れてくれたのですが、さすがに数分水に漬けたくらいじゃ浸透してないみたい。
平帯用の軸なのでぐるっと回せない分外し辛い。

センセに言われたやり方にしたら、覿面バリ問題はないようですが、成形の難しさに変わりはなく、一回目が一番後ろのラインが綺麗かも。
でも表からの丸みはどれもこれも可愛い。
…まぁ、昨夜のは点打ちが思うように行かなかったので、写真も撮りませんがorz
どーしてあーなっちゃうかなぁっ…(TT ^ TT)

本当はもうちょっとまとめて練習したいとこですが、帯留め用の芯棒は2本しか持ってないので、一本徐冷中で、コレが水中なので今夜はアウト~

| | コメント (0)

編み帽子。

Bousi01
Bousi02
今季は、請われる前に作りました、編み編み帽子。
今朝から始めて、昼休みちょっとと、とんぼ玉巻いてからちょっとで2時間くらい掛っちゃったかなぁ…?
臙脂っぽいの2色と、ピンク系のグラデーションモヘア。
昨年の残り毛糸ですが。
また今度、日を見て首元をなんとか覆えるようにしてあげないといけない気がします。

ちなみに、上は丸く閉じた方が好きとか言われましたが、代わりにぽんぽん付けてあげるから、と。

毛糸、本当溜めっぱなしなので、消費しないとなぁ…と思いつつも、毎年減らないのですが。可愛い色見つけるとうっかり買ったりもするしねぇ…
……こ、今年こそ買わないんだから><。 ←と昨年も一昨年も言った気がする。

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

有象無象な感じがするかも…

Tonbodama164
教室で引いたお花パーツの残骸をまとめてみたのですが、相変わらず玉にすると赤が赤くない…orz
お花は赤く出来たから、大丈夫になったかと思ったのに><。
写真では可愛い赤に見えてるけれども、ちょっと暗いのが本当です…とほほ。
何でだろ、かなり長いこと強火で炙ってるのが問題なんじゃないかと前から思っていて、だからパーツの時も、焼き途中の黒から赤く戻るかどうか本当に心配だったのですが…

……弄るとイカンとか?
練ったのがイカンとかゆーこと?
それとも、コテで弄りまくったのがイカン? のだとしたらパーツだって黒っぽくなっておかしくない…と思うのに。

わから~ん…
本当にわから~ん…orz

ちなみに、また挑戦して玉砕した←隅のマカロンもどき。
練り混ぜないと出ないピンクなので、後から足すことが出来なかった…故に上下のサイズが合ってないへたくそなマカロンもどきに…
地元に新しく出来た100均で、ぎざぎざになってるフルーツナイフを買ってきて、それでピエが作れないかと思ったのですが、そうは問屋が卸しませんでした…orz ですよね~
やっぱり盛ってからぎざぎざにした方がソレっぽいだろうか…?
一目で「マカロンだ~」って言ってくれた人もいたんだけどなぁ…
……そもそも、こういう厄介な色じゃないので挑戦するべきでしたかね…;;

ウチの先生を見ていてやっぱり凄いと思うのが、リカバリ力なのですが。
ほんのちょっとしたことですが、僅かにパーツのパーツがよれたり、割れてしまったりしてもちゃんとリカバリ出来るんだなぁって、いつも感心するんですよね。
勿論そういったちょっとした失敗みたいのも少ないから先生なんだとも思うのですが。
点打ちでも、ちょっとズレたりしても、それを諦めないで修正する、仕上げまで丁寧に持ってく、そういうとこちゃんと見習わないと『弟子』って言って貰えてもなんだか申し訳ないーー;

……まぁ先日から、『弟子』より『子分』て呼ばれてますが…
ソレはどっちが上なの?!

……『舎弟』よりは良いんですかね…謎です…

| | コメント (0)

なんとか帯留めっぽいことに。

Tonbodama162
ちょっとエア多かったかもですね、なんかちょっとふつふつしてる気がする…肉眼だとよくわかんないけど。
Tonbodama163
センセに聞いてきたようにやってみたら、なんとかバリが出来ないで済みました。
なるほどね!!
しかし色のチョイスとお花が散々です…
成形だけどうしても試してみたかったんだ。
点打ちでもなんでも良かったような気が今はする。するけどまぁいいや。

ちなみに、真ん中ら辺に、縦に濃い緑を入れた筈でした。
でも下からはみ出た分を押し上げる、とそりゃぁこうなるわな…^ ^;
まだまだ、左右対称には出来てないけれども、それも反復練習で頑張れ自分。

しかし、全然着物着る予定がないあたりが本当なんだかねぇ…バッグの飾りにでもするかやっぱり。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

ストロークペインティング体験。

Paint1
午前と午後のとんぼ玉教室の合間に、展示会やってたとこにお邪魔して体験してきました。
これ材料買って、センセの筆と絵の具使って教えてもらって1050円。安ッ。
もう一個、カードケースに描くのもあったのですが、そちらが735円だったかなぁ… …カードケース持ってても使わないので、こっちにしました。職場で使おう。

ココ最近、アッセンデルフトかヒンデローペン、もしくはローズマリンク教室を探していて、近いのを見つけたのですが、とんぼ玉教室と同じ時間じゃ~ん…orz それと、ちょっと方向が違う、てのとで断念。
検索かけまくったら地元町に一件だけ、ある筈なのに見つからない><。 と思ってたら、どうも掲げてる看板が違うのだった。
アッセンデルフトだけじゃ自分の表現したい物にならない、だからいろんな技法を取り入れてるとのこと。ローズマリンクっぽいのと、ロシアンフォークアートも展示されてました。
今日は偶然その先生を見つけて教わってきて、自宅教室に今度通いたいとか思っていたり。土曜午前か、月曜夜ならなんとか行ける筈。ちなみに一回2000円。

先生は「初めてじゃないね、何かやってたでしょ」と言って、やたらと褒めてくれましたが、筆を持つのが本当久しぶり過ぎる…もう全然、お手本と違う花に仕上がっていることは自分で解っているーー;
赤い花は、もっと丸くて可愛い花びらになる筈で、ピンクのは、もっと花芯近くがきゅっっとしてる可愛いお花になる筈だった… そして白い花はもっと花びらが繊細。
こないだファブリックペイントの体験はやったけれども…そもそもアクリルをこんな大胆に筆にのせた経験がない。

そういえばファブリックの先生は今日もカッコイイの着てたなぁ…大胆に前面に花描けたら気分いいよね…普段蛍光Tシャツで過ごしてる自分が言うのもなんだけれども。

| | コメント (0)

赤いお花。

Tonbodama161
教室で引いてきたパーツ。
ソーダガラスなので、本当に扱い辛かった…orz

←2本(断面なので1本)は、溝入れだけ先生がやってくれたので、しょうがないのでもう一本引く羽目にorz ←なんだその言い方! いや、お手本示してくれたので、その後ちゃんと丁寧にマネしたつもり。しばらくコレやりたくないなぁ…と思いながらだったけれども。
→のも断面なので、本当はもう一本あるけれども、長過ぎて別のケースに入れていたので撮り忘れましたーー;
ほぼ同じ感じに仕上がってるので、まぁこの際、混じって判んなくなってもいいや←おい。

Tonbodama159
Tonbodama160
向かって右端がセンセのお手本玉。パーツもセンセが溝入れたやつ。
言わなくても整ってるから解るねーー;
この乳白は柔らかくて扱いが苦手、いついつまでも形が整わない。それ以上に、線が引けなくて大変苦労した。
しかし、透けるからと二重塗りしたのに、思い切り透けてますな…花びら…orz
周囲がピンクくなっちゃって写ってるけど、実物はそんなでもないので、多分補正する時にこうなっちゃったのねぇ…?

そしてガラス屑が大量に出てるのですが、ソーダガラスも練り練りして大丈夫だろうか…謎。色がきっぱりしてるからなぁ… もしかしたら気持ち悪いことになりそうな気がひしひし。

あと、今日は終わり間際に、平帯用の帯留めのコツなんかを聞いてきました。
「へったくそに巻いて」って、そういえば前にも言ってたね先生…;;
上手だと均一に綺麗にガラスがのってしまうのだけれども、裏側薄め狭い目の方が使い勝手は良いらしい。←と依頼されて作ってるらしい。
へそ作りはちょいとやっぱり難しいとのことで、やっぱり繰り返すしかないね!

しかし着物着るわけでもないし、着物着る人が身近にいるわけでもないんだけどね。
単に、面積広いから大きなお花入れるのが楽しい、そんな感じで。

| | コメント (0)

帯留め

Tonbodama158
写真よりもうちょい黄緑っぽいかなぁ…?
朝の陽光を窓越しに撮りましたが。
佐竹の乳白水色に、砕けたお花パーツを練り混ぜ練り混ぜしているので、何色とも言い辛い。
銀練りを、ぽててっ、って感じ(曖昧;)におきたかったのですが、あんまり上手くいけてないーー;
濃過ぎるんだよね銀練り… 自分で作っておいてなんだけれども。

形は注意したつもりでもやっぱりちょっとバリが出来ちゃう。
しつこくチェックしてガラス盛り盛りしてっていいのかも?
お花崩れちゃうかな~?と心配しながらの作業でしたが、割とぺとぺと塗る感じにガラス置いて大丈夫だったし?

しかし…お花目立たないなぁ…
よくよく見ないと、ただの水色です。
そして小さい…ような気がする。
お店で見たことあるものよりも、ちょっと小さい、ような…? いや、いろんなのあったけどもさ。

にしてもですね、昨夜珍しく既にバーナー外して教室の準備しちゃったので、今朝は遊べなくてさみしい(T T;)寒いから丁度良いのに。
今日はソーダガラスで赤い椿を作る筈。
花芯作ったの大分前だ…
ソーダも苦手なら、ソーダの赤更に苦手なので、せめて黒くならないといいなぁ…
多分手間取るから黒ずむんだと思うんだ、多分だけども~

| | コメント (0)

« 2010年9月19日 - 2010年9月25日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »