文化・芸術

2008年5月13日 (火)

手ブロでお絵描き。

Light1 Light2ひたすら愛想をふりまくらいと。
全部じゃないけど、大体いつもこんな調子。

英文はやっぱりセンテンスが増えてくるとさっぱり解らない。こうかな、と一旦考えてから辞書やら翻訳サイトやら利用してみると全然違ったり、単語のスペルが読み取れてなくて見つからなかったり(苦笑)
翻訳サイトはもう、明らかに間違ってる事もあって笑える。
切る場所が違っちゃうのかなぁ? 謎です。

正直自分の書き癖もなんとかしないと、下手すると大嘘振りまいているなぁと思ってもいるのですが…自覚なく書いてる言い回しとかもあるわけで…orz
このブログだって絶対に翻訳しようがないと思うわけで;

そうそう、たまに日本語と組み合せで『SPECIAL KAWAII』とか(笑
女子高生だ、女子高生がいる≧v≦とか思ったりもする。 
いや、貴女がカワイイですソレ。とか思っちゃうのですが、英訳しようとするとどうにもニュアンス差を感じて黙る。
人間関係であることに人種差はないわけですが、難しい物は難しいわい。

にしても、ブログも大型掲示板と一緒で、自分が上がれば誰かが下がるし、誰かが自分を押し出すわけで、キモチの置き場が時に難しいけど、まぁ気軽に、気楽に。継続していればきっと何かいいこともあるさ、とか摩り替える。
アーティスティックに極めようとされてる方もいらっしゃれば、ひたすら気軽に描き飛ばす方もいらっしゃるわけで、自分は中間かなぁ…うん。

そして気付けばやっぱり交流の輪と言っても内輪ってモノが出来上がってもいたりする。
目がイラストを線を覚えてくと、あー成程ね~、全然何処でも変わらないわなと。
引っ込み思案なのか、なかなか他人のところにコメントをしないとか、サービス良くお返事(?)ネタが奮ってるとか。あちこち感想は書くけれども、自分は書き込まれてもお返事を絶対しない、とか。
しかしネタ合戦とか見てると面白い。まぁブラウン管が液晶になっても変わらず、あっちとこっち、と言う意識もあったりで難しいところだけど。

にしても、こう、自室で自分のパソコンで、ってやっぱり感覚を鈍らせる。
学校や公共施設でも慣れると羽目を外しちゃうわけだし。
在る物は在るわけで、隠しても飾ってもしょうがないわけですが…
週一程度通ってるR-18だっけか←大抵ひっかからないのでロクに数字は見てない; サイトさんがあったりしますが、子供は関心を持つ物だ、親が気付いて話し合え、的な文章を書かれていて、実にその通りなんだよね~と。
それでも切断絵とかグロイ物は敢えて見たいとも思わないので、
フィルターかけてくださーい>< と思う事も多々ですが。
うん。工口は良いのよこの際。
問題は残酷表現の方じゃないのかなぁ…血とか暴力とかいじめとか。
……でも何故ソレが好きなのか、それは身近な人と話し合うべき問題なのでは?とも思われる…。(否定はしないし、それが現実の事件を助長するとも思ってない。江戸川乱歩と横溝正史とは子供時代に読むものだもの。ちょっと前なら島田荘司以下略あたり? 今だと誰だろ)
もっと親兄弟、友達と仲良くしようよ…うん、てなあたりが結論かもだ。
勿論読んだ本は自己解釈で好きなように二次創作料理するのもテだと思う←版権意識って怖いけどね。

まぁ、万引き防止の為に描いた漫画が万引きの方法を教えたとかいうのもあったけれどもー。事件物とかもちゃんと読めば、そうしなさいと言ってない事がちゃんと解ると思うのですがー。

| | コメント (0)

2007年9月15日 (土)

新風社のポスカ大賞

第6回・新風社のポストカードブック大賞の結果が発表されました。
いやーんもう、ぬか喜びさせられました…とほほ。
編集出版業界の方、もうちょっと解り易く送って欲しいよ;
まぁ受賞ならもっとパキッと『~賞』って来るんだろうけど;
逆転の発想で、『選外』は『選外』ってきっぱり書いてくれないと><

まず目についたのが、
褒めちぎって、出版したいって文面が来てたので、もの凄いぬか喜び…
講評読んだら、よく見てくれてるんだなーと感心したんだけれども。

どうやら自費出版のお誘いでした… ……59万か、痛いな…
自費でもいいから全国流通にのりたいなぁ、と思っていた筈が、
一瞬大賞取れたかと思っちゃったせいで、
なんだか『落ちた』って気持ちの強い今です(T T)
でもこれ逃すと機会がないような気もするしなー;
同人誌でカラーポスカとかやってられないしなぁ;
取敢えず、国立図書館にダケは入れるのかなぁ? とか;
ポスカブックだとどうなんだろう?

まぁ大賞の方のイラスト見たら(印刷だけど)納得の説得力を感じたので、
まぁ仕方ないんだろうけれども。(勝ち負けじゃなくてね?)

文芸社の方はどうなのかなぁ…年末にならないと判らないから;

まぁ出版社の雰囲気を一編見てくるのも良いかもだからな…
ダメ出しならダメ出しで、とことんダメって言われてくるのもいいかもだしなー。
自費出版の痛さ加減は理解してるつもりなんだけどー。
……つーか…挿絵の仕事とかくれないかなぁ…;(←方向切り替えが早いよ;)

……もうちょい絵を描こう…うん…。


500冊刷ってくれて、619500円なわけで、一冊1239円でしょ。
売価が700円台として、全て売り切っても約30万の赤字ぢゃん…;
どういう人ややるのこういう無料配布みたいな出版て;
賞とらないと無理だねー。

…ん? しかも単価の何掛けなんだろう、本て確かそんなに掛け率高くない…
6掛けとか貰えないよね?
てことは、ほぼ寄付行為?! あいたたた><

| | コメント (4)

2007年5月27日 (日)

墨華。

Sumihana2 Sumihana地元ジョイフル本田内のアトリエで、今日は墨の花を見てきました。
普通によく見かけるタイプの造花に、墨の粉を塗って、更に和紙や布(リバティに拘ってらっしゃいました。)

お教室もお名前も許可を頂いたので実名で。
ATELIER Gi 春日部市内 島村季実穂先生。残念ながらWeb活動はされてません。
展示会は明後日火曜日まで、水曜日搬出したら遊びに行くわ~と言われていたり^^; 懐っこい先生です。もう手作りダイスキでなんでも手を出すタイプらしいです。
家に来る理由も革で何か作りたいらしい。母に片付けを厳命しましたがどうなることやら…;
で、ちょっと遊ばせて頂いてきました。 墨を塗ってあるものに布を貼ってきただけなんですが、これがまたかわいい。
針金で留めてブローチにしていただいてきてしまいました。出来てる物を買えば2000円くらいです^^;

売っている物をただ頂いてくるのも申し訳ないので、ちゃんと物々交換で、身に着けていった先日作のチョーカーを…どこまでもお調子者な自分を感じつつ…。
…あれ? 何買いに行ったって、そのチョーカーにつける飾りだよ Σ( ̄□ ̄;)>!
また作ろうと思います。何せ切って穴あけて金具叩きつけるだけですから…^^; あ、コバも塗りますが裏の処理は敢えてしません。


ところでもう数年会ってなかった同級生に声を掛けられ、ヤバイ事にしばらくインターバルあり過ぎで名前が即出てきませんでした…
ヤバイよ、高校時代の連れなのに…;でも3年以上会ってないんじゃ…多分;
ちょっと立ち話してきただけですが、子供が大分大きくなっていたので「覚えてないだろー」となでくり回し「知ってるー? 梅干しばばーっ」と母親を指差すので、「よーく知ってるよー、学生時代からー」とにこやかに答えて来ました^^;おじさんとおばさんが一緒にいたのにー><; まぁ躾は親がするがよし。 後は自然に同級生の間で覚えるが吉。
しかしなんか、白髪増えててびびったんですが…子供生んじゃうとやっぱそうなの?;
そして最大の失言はこれ。
「二人目ー?」腹なでちゃったよ…
……ナチュラルに太っただけだった…
……だって…学生時代彼女は157センチで45キロベストだったんだよ…
…軽く10キロ太ってもまぁ正常範囲なんだけどさ…。
問題はお肉の付く場所で…バランスで…。
いえ、でも、本当に二人目をお願いしますよ、一人っ子は寂しいからねー。

| | コメント (0)